製材部門 sawmill DEPARTMENT

製材の写真

端材等の不要な部分もチップ材として余すことなく活用し環境負荷を低減
規格外の用途に合わせて製材し、お客様のご注文に迅速かつ的確な対応をします。

自社にて県産材(杉・桧)の原木を製材し、構造材・下地材・造作材を中心に販売しています。また、自社製材のため規格外の受注が可能。
製材の際に出る端材等の不要な部分はチップ材として利用されているため、一本の木は余すことなく活用しています。

皮むき工程

皮むき工程写真 皮むき工程写真

熟練した目と豊富な知識で、一本一本の木の性質を見極めて、木の表情(美しさと強度)の見せ方を考えています。

製材工程

製材工程写真 製材工程写真 製材工程写真 製材工程写真 製材工程写真 製材工程写真

桟積みされた材木を、3~6ヵ月間程かけて天然乾燥しています。

又、ふくい県産材協同組合に加盟しているため、木材乾燥機にて乾燥し、常に良質な木材を提供しております。
木材は生育している気候や環境により特性が異なるため、地元に適した県産材に力をいれています。

【以下、福井県産材活用課HPより引用】

木材は、湿度が高くなると湿気を吸って、湿度が低くなると湿気を吐き出してくれるため、木材を多く使った住宅は、室内湿度の変動が少なくなります。このため、冬場の乾燥時期に発生するインフルエンザ等にも効果があるといわれています。
また、カーペットの床などに比べ、木材の床はダニなどの隠れる場所がなく、湿度が高くなりにくいことなどから、ハウスダストなどによる喘息やアレルギー性皮膚炎になりにくくなるといわれています。
無垢の木材は接着剤等を使っていないので、「ホルムアルデヒド」などの人体に有害な物質を含んでいません。そのため、最近問題となっている「シックハウス症候群」の恐れはありません。木材からは樹木独特の香りを持つ精油成分が発散されています。この精油成分はカビなどの繁殖を抑えるだけでなく、香りは森林浴で健康づくりをするように、わたしたちをリラックスさせてくれます。また、木目は、見るひとの心にやすらぎを与えてくれます。

ページトップへ